年賀状の処分ってどうしてる?家庭でできる正しい捨て方をご紹介

年賀状

いただいた年賀状どうしていますか?保管する?処分する?

結婚して子どもが生まれ家族ぐるみの付き合いになると、写真つき年賀状をもらう枚数も増えていきますよね。

<br><br><br>



写真つき年賀状って捨てるのに抵抗が…
でもずっと保管しておくのも…

と悩んでるママも多いはず!

思いのこもった年賀状は捨てれないですよね…

のびママ
のびママ

年賀状の処分法でも

シュレッダー、スタンプ、ガムテープなどさまざまです。

(私は…子どもの写真を捨てたり、シュレッダーにかけるのは抵抗があるので心が痛まない捨て方をしています。)


今回は年賀状の様々な捨て方について書いていきます。

役目を終えた古い年賀状は断捨離して、今までの保管場所をスッキリさせましょう!


年賀状を処分してる人はどれくらい?

年賀状

2019年にLINCLEが100人を対象に行ったアンケート結果をみてみましょう。

情報元:LINCLE

結果は半数以上が捨てられないと回答、反対に3割~4割の人は捨てると回答しています。

やはり、思いが詰まってる年賀状(写真つきだったり、メッセージに思い出がつまってたり)を捨てれない人は多いですよね。

個人的にはそのまま燃えるごみとして捨ててしまう人が13人もいることに驚きました。

個人情報(住所、氏名、電話番号)が悪用されてしまう可能性があるので、後述する方法で個人情報をかくして捨てましょう!



関連記事→子どもの写真付き年賀状って送ると迷惑?ママの悩みを解決

年賀状を処分するタイミングは?

年賀状を処分するタイミングはいつが良いのでしょうか。何年分くらい保管しているのか以下のアンケートをみてみましょう。

5-6.png (606×486)

引用元:年賀総研


上の年賀状の保管期間の調査結果を見てみると、2年程度、2年以上と答えた人を合わせると83.4%という結果に。

2年以上と答えた人のうち5年以上保管している人は51.8%と過半数に達しています。

2015年の調査結果なので、昨今の断捨離ブームで処分する人も若干ふえてると思います。

それでも、次の年賀状を作るために見返したいので1年はとっておく人が多いようです。

年賀状の処分方法

まずは、年賀状の処分する3つの方法についてご紹介。

  • 燃えるゴミに出す
  • 資源ごみとして出す
  • 地域の回収BOXを利用する
  • お焚き上げサービス等を利用する

燃えるゴミに出す

一番シンプルで簡単な捨て方です。

個人情報を隠して燃えるごみとして出しましょう。

資源ごみの日に雑古紙として出す

年賀ハガキも紙なので雑誌や雑紙と一緒に資源ごみの日に出してしまいましょう。

地域によっては古紙リサイクルセンターでハガキを扱ってる場所もあるようです。ホームページで確認してみましょう。

地域の回収BOXを利用する

基本的に回収BOXは郵便局にはおかれていません。しかし、自治体の要請で置かれているところもあるようです。

各役所に設置されている場合もあるので、ホームページ等で確認しみてください。

関東地方を中心に展開されているナチュラルローソンでは
個人情報書類回収BOXが設置されている店舗があるようです。
近くにある場合は利用してみてください。

お焚き上げサービス等を利用する

個人情報書類回収BOX
個人情報書類回収BOX
個人情報書類回収BOX

由緒ある神社でモノに感謝してきちんと手放すサービスを利用するのも手です。

NHK「所さん!大変ですよ」でも紹介されたお焚き上げ供養サービス。

「処分したいけれどゴミと一緒には捨てられない年賀状」の処分をするにはもってこいです。

みんなのお焚き上げ

1月15日の小正月前後に行われるどんど焼きで燃やしてもらうのもいいかもしれませんね(神社ごとで対応が違うようなので事前に確認してみましょう。)

個人情報の隠し方

年賀状を処分する際の個人情報の隠し方は

  • マジック
  • 個人情報スタンプ
  • のり、袋、ガムテープ
  • シュレッダー
  • シュレッダーはさみ

がおすすめです!

マジック

個人情報が記載されている部分をマジックでけすやり方です。

太いマジックほど消すのが簡単ですが、枚数が多かったり字が大きかったりすると何重にも書かないといけないので少し大変です。

ですが、家にある身近なもので消せる簡単な方法です。

個人情報スタンプ

個人情報を隠すことができるスタンプです。

個人情報スタンプにも、スタンプタイプローラータープふたがあるものない物があります。

なかでも消したい部分に転がすだけで簡単に個人情報が消せるローラータイプがおすすめ。

100円ショップにも売られていますが、インクが少なかったり薄かったりするのでおすすめできません。

楽にしっかり消える!ローラーケシポン

袋、ガムテープ(のり)

こちらは、袋に入れてガムテープでぐるぐる巻きにしてかたまりにしてしまう方法です。

ガムテープだけでもいいのですが、私は色付きの袋に入れてガムテープで巻いて捨てています。

年賀状を直接ガムテープで巻くよりは袋に入れてからの方が罪悪感が少ない気がしてそうしています。

不安な方はハガキとハガキをのりで貼り付けてからガムテープで巻いてもいいですね。

シュレッダー

一番確実に個人情報を隠せる方法です。

シュレッダーにも沢山の種類があります。手動or自動、紙だけを細断するタイプのものや、CDやDVDなどのメディア細断にも対応してるものまで。

用途や、大きさ、静音性も考えて買うのがおすすめです。

\ランキング1位獲得/格安電動コンパクトシュレッダー

シュレッダーはさみ

個人情報を隠すためのはさみです。シュレッダーのようにはさみで細断できる優れもの。

大量に処分しないからシュレッダーを買うほどではない方は、このシュレッダーはさみがおすすめです。

シュレッダーはさみチョッキル!5連刃で軽く女性に人気

普段の個人情報が記載されている郵便物にも利用できるし、スタンプのようにインクがなくなる心配もなし!シュレッダーにように場所もとらないのでおすすめです。

それでも捨てれない人におすすめ!

それでも捨てれない!!そんな年賀状ありますよね。

枚数が多くなければそのまま残しておいてもよいとは思いますが、今はデジタルの時代。

デジタル化してPCやクラウドに残してしまいましょう。

写真にして残す

1番簡単な方法です。スマートフォンやデジカメで撮影した年賀状を、年や差出人の名前で保存するやり方です。

スキャンしてデータ化

はがきをスキャナーで読み取ってデータ化するやり方です。

枚数が多い方は、ADF(自動原稿送り装置)があるものがおすすめ!

ADFがないものだと、1枚1枚セットする手間が大変です。

PFU高機能スキャナー

気持ちのこめられた年賀状、それぞれに合った処分方法で

年の始まりにもらう年賀状。家族同士の付き合いが増え写真つき年賀状をいただく枚数がふえました。

なかなか会えない親戚や友人の子どもの顔をみれる年に1度の楽しみでもあります。

年々たまる年賀状、これを機に自分に合った方法で処分してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました